③ナンパしすぎて金がない→ナンパブログ開始!

これはサラリーマンだった僕が、会社を退職して専業ナンパ講師になるまでの3年間を描いた記録です。

■前回までの話

①史上最悪の新入社員〜社会人生活スタート〜

②ツラいなら辞めればええやん〜初めてのナンパ講習〜

 

ナンパしやすい環境に行くため、僕は都心に引っ越した。

 

通勤時間は半分になった。その分、ナンパに費やした。

 

一人暮らしを始めたので、出費が大きく増える。家賃は全額自己負担月8万円。僕は手取りが20万弱だったので、1ヶ月に使えるお金は12万もない。

 

「ヤバい!!」

 

ナンパの店代、ホテル代、交通費、そしてナンパ講習費。ナンパは金がかかる活動だ。

 

金が全く足りなかった。引っ越す前からわかっていたことなんだが・・・。

 

でもナンパはどうしても上手くなりたい。

 

その熱が止まらなかった僕は、僕と同じく、都心に引っ越そうとしていたナンパ仲間を見つける。彼とシェアハウスを始めることにした。

 

男2人でシェアハウス。部屋は8畳のワンルームに2人で暮らす。むさ苦しい。狭い。

 

これを会社の上司に話したらドン引きされた。

 

「ワンルームに男2人でよく住めるな・・・」

 

でも、そんなことは全く気にならなかった。家賃が半分になったのだ。

 

「浮いた家賃をナンパ活動費に充てられる!よっしゃー!!」

 

それが嬉しくて仕方なかった。我ながらアホだ。

 

1人でやっても上手くならないので、ナンパ講習を何度も受講する。色々な教材を買って勉強する。

 

そうなるとやはり、シェアハウスをしてもお金が足りない。

 

毎月赤字。このままでは半年後に貯金がゼロになる。やばい。

 

どうする?

 

支出はこれ以上減らすのが難しい。

 

ならば。

 

収入を増やすしかない。

 

会社員だと給料はそう簡単に上がらない。

 

副業だ。

 

僕にできる副業・・・

 

ナンパしかねえ!!!

 

ここで始めたのがナンパブログだ。

 

ナンパブログで人気が出れば、アフィリエイトや講習で稼げる。

 

自分がナンパを教えられるかは謎だが、どうせブログを開設してもすぐには稼げない。稼げる頃に、人に教えられるレベルになってればいいだろう。

 

そんな甘い見通しでノリで始めたのが、今も続いているこのナンパブログだ。

 

ちなみに当時からナンパブログは沢山あった。でも、一部を除いてほとんどが面白くなかった。

 

「かわいい子即!」しか書かれてない、クソつまらない記事ばかり。

 

どういった経緯で即れたかもわからない。読んでて面白くない。読みづらい。共感できない。興奮しない。自慢話を聞かされてるだけの気分。

 

「こんなオナニー記事なんかより、僕が書いたブログの方が絶対面白いはずや!!」

 

元々文章を書くのが好きだったのもあってか、謎に自信に満ち溢れていた。

 

この時のブログタイトルが「ナンパで童貞卒業した男のナンパブログ」。

 

童貞からナンパを始めた経緯を記事にしたら面白くね?」と思って、この名前にした。

 

今でこそ「非モテ/童貞からナンパ始めました〜」的なブログやツイッターは多いが、当時はほとんど無かった。差別化できると思った。

 

「これならいける。」

 

この時から、僕のプライベートは正真正銘100%、ナンパとブログ運営だけに費やされることになる。

 

朝6時に起きてブログを書く。9〜19時まで会社で仕事。昼休みにブログの勉強。家に帰ってきたらナンパに出撃。寝る前にまたブログ。

 

土日になったら、日中にブログ執筆。夕方からナンパ講習を受講。夜から1人でナンパ。

 

こんな生活をずっと続けていた。

 

会社の同僚や、大学時代の友人からの遊びの誘いは全て断った。何度か断り続けると、誘われなくなる。

 

「あいつはノリが悪い」「社会人になってから変わってしまった」そんな声があったかどうかは知らないけど、そんなものは全く気にしない。気にならない。

 

とにかくナンパが上達すれば、それで僕は幸せのだ。

 

ナンパブログ運営は思った以上にハマった。開始2ヶ月で50本くらい書いた。

 

ナンパブログばっかり書いてないでナンパしろよw」とナンパ仲間に揶揄されるくらい、ブログにハマっていた。

 

ここでライティング、ブログ運営、メディア論などを片っ端から勉強。だんだん読者数が増えていくのが面白かった。

 

そんな中、ヒヤっとする事態も発生。ナンパブログで記事にした女性に、書かれたことがバレたのだ。

 

結局その子との間では何もトラブルにはならなかったが、自分の書いてる物の影響力の怖さを、身を以て知った。

 

ちなみにその女とは今でもたま〜に連絡を取っていて、普通に「もてゾウ」と呼ばれている。

 

そんな感じで、僕の生活はどんどんナンパに染まっていった。

 

ナンパを始めて2年半。僕のナンパに対するモチベーションは全く落ちなかったが、その一方で昔のナンパ仲間はほとんどいなくなっていた。僕がナンパを始めた当時の仲間は、みんなどこへ行ったんだろう。

 

飽きたのか。満足したのか。挫折したのか。パートナーが見つかったのか。

 

そんなことはつゆ知らず、新しくナンパを始めた仲間と共に、僕はナンパライフを謳歌していた。

 

④ナンパ講習始めました〜稼いだ金で、また講習〜

【おしらせ】

サンクチュアリ出版でイベントやります!僕がナンパ講師になった経緯、収入源、私生活、今後の展望などを話します。ナンパ講師という働き方に興味ある人は是非!

詳細はコチラ↓

11/13(火)ナンパ講師・もてゾウ × プロゲーマー社長・CaptainJack/フリーランス2.0 遊びを仕事に昇華させたぼくらが考えるフリーランスのこれから

右の顔がデカい人がワイです。
左は一緒にイベントやるプロゲーマー社長のCaptainJackさん。




著者プロフィール
もてゾウ

1990年生まれ。早稲田大学卒。経営コンサル会社で3年働き、2017年4月に専業ナンパ講師として独立。

23歳まで恋愛経験ゼロの童貞。モテない自分を変えるため、ストリートナンパで彼女を作ることとを決意。大量の情報収集と70人のナンパを経て、念願の彼女ゲット&童貞卒業を果たす。

そこから狂ったようにナンパにハマり、何十人もの女性と関係を持つ。この4年間で声をかけた女性は2万人以上。デートした女性は300人以上。会社員時代の最高月間ゲット数は13人。常にキープが5人前後。恋愛にかけた自己投資額は200万円以上。

安定して結果が出せるようになった2016年からは、僕と同じように非モテに悩む方を1人でも減らすために、ナンパや恋愛の指導をさせて頂いている。

僕のナンパストーリーや、独立に至った経緯はコチラ


「男に生まれたからには、良い女をゲットする」
「モテない自分を変えて、自分を好きになる」
「ナンパを極めて、女の悩みから解放される」

そんな欲望と行動力に溢れるメンバーが集まる、メルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯恋愛初心者が、ナンパで美女をゲットするのに必要なマインドとノウハウ
◯モテないコンプレックスを爆発させ、妄想を実現させるための圧倒的行動力

この2つをみんなに手に入れてもらうことです。

まずは10日間のメール講座で、僕と一緒に飛躍的にレベルアップしましょう。
メール講座だけで5万字以上の超濃厚メルマガとなっております。「これを無料で出していいのか」という声も多数頂いてます。覚悟して受けてください。

あなたのご参加お待ちしてます。

magagine2.png

※今ご登録して頂くと、
・地蔵脱出マニュアル完全版
・僕の声掛け実録の書き起こしと詳細解説
をプレゼント中です。

ナンパ未経験者から、ある程度ナンパ経験のある方まで、幅広く満足できる内容に仕上がっております。笑

※メールはいつでも解除できますし、ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理します。外部への共有、貸出、売却等は絶対にないのでご安心ください!