下克上列伝①チビでブサイクな大学生の逆転ドラマ

専業ナンパ講師のもてゾウです。

 

新シリーズ「下克上列伝」はじめます。

 

専業ナンパ講師をやって1年。

 

僕のところにくる講習生は、やはりコンプレックスが強くて、這い上がりたくて、見返したくて、・・っていう熱を持った人が多いです。マジで多い。

 

下克上列伝では、そんな熱量を持った人が、ナンパ講習を通し「恋愛」「人生」を逆転させた話をストーリー形式で紹介していきます。

 

今回は第1弾です!

 

■データ(講習受講前)

Bさん
・22歳大学生
・経験人数2人
・身長160センチ
・かなりのブサイク

暗黒の中高時代〜チビの劣等感〜

 

「人の隣に並ぶだけで、もう嫌だった。」

遡ること5〜10年前。彼の中高時代。

 

思春期で多感な時期。異性を意識し始める年頃。

 

彼には大きな悩みがあった。

 

チビだったことだ。しかもブサイク。

 

クラスで1番小さく、背の順はいつも1番前。目は細く、鼻は低い。ジャガイモみたいな顔だった笑

 

周りの同級生は成長期を迎え、身長がどんどん伸びていく。彼も少しは伸びたが、背の順番は変わらない。ついに160センチでストップする。

 

彼は見た目へのコンプレックスがとにかく強かった。

 

ファッションがダサいとか、体が細いとか、デブとか、そういうのは努力でカバーできる。でも身長と顔の作りだけは、努力ではどうしようもない。

 

明らかにモテない自分の体に絶望していた彼は「彼女なんてできない。童貞卒業できるはずない」と憂鬱な思春期を過ごしていた。

 

同級生の可愛い子。街で見かける美人。

 

でも、自分より背が高い・・・。

 

自分より背が高い女を見るだけで萎えた。

 

「せめてイケてる仲間の輪に入りたい!」

 

そう思っても、コミュニケーション力に自信があるわけでもなかった彼は、それも叶わなかった。スクールカーストの上位を羨みながら、悔しい思いをし続けた中高時代だった。

大学時代〜ストリートナンパに衝撃受ける〜


「それは、まるで魔法のようだった。」

大学に入学。

 

大学では、彼女を作る!!

 

めちゃくちゃ頑張って、彼女を作れた。身長は彼より少し低いくらい。性格も良く、楽しめた。

 

でも、どこか満たされない。

 

ある時、大学サークルでモテる友人Aと出会う。すごくイケイケな雰囲気。見るからにモテそう。

 

ここでの友人Aとの出会いが、彼の運命を変えることになる。

 

彼女1人としか経験がなかった彼は、モテる友人Aをとても羨ましく感じたし、憧れの気持ちが芽生えていた。

 

友人Aが企画する合コンに誘われる。友人Aとはすぐ仲良くなれて、合コン帰りにナンパを見せてもらうことになった。

 

綺麗で巨乳な女性が向こうから歩いてきた。「こんな子、俺の人生には無縁なんだろうな・・」と思うような美人だ。

 

おもむろに友人Aが彼女の横について話しかけ始めた。

 

最初は無視を決め込んでいた彼女がが、次第に話し始めていた。

 

そしてしばらく話した後、携帯を出してラインを友人Aに教えていた。

 

まじか・・・!!!!!!!すごすぎる!!!!!!!

 

あの時の衝撃は今でも忘れない。

 

何かの魔法でも使ったのかなと思うほどだった。

 

それに刺激され、自分もナンパを始めようと思った。下調べから始めた彼は、そこでナンパブログに出会った。

 

こんな世界があるのか!」と衝撃を受け、彼は時間を忘れて読み漁った。

 

でも結局、怖くて声をかけることはできなかった。

 

友人Aとの距離は遠のくばかり。ただただ、劣等感を抱き続ける毎日だった。

 

このままではマズい」と思い、彼はついに行動を起こす。僕(もてゾウ)が企画した「ナンパ師飲み会」への参加だ。

ナンパ講習受講〜コンプレックスを爆発させる〜

「熱量は大きいな。体はちっちゃいけど。」

2017年2月。彼はここで、僕(もてゾウ)と初めて会う。

 

僕は、彼と出会った時のことはよく覚えている。

 

正直、髪型も服装もダサかった。笑 

 

ファッションに興味がないのかと思った。

 

どこがダメですかね?」と聞かれたので、頭からつま先まで片っ端からダメ出しした。

 

彼は「マジっすか!!??」と驚いてた。いやいや、それでカッコいいと思ってたんかい笑

 

しかし彼はやる気だけは半端なかった。

 

そもそも大人数が集まる飲み会で、みんなが見てる中、僕にファッションのダメ出しを頼むのは、結構勇気がいることだ。

 

すぐさまメモしてる彼を見て「熱量はすごいな。体はちっちゃいけど」と思った。

 

1週間後、彼はもてゾウ講習を受講した。

 

場所は表参道。声かけの基本を教え、実際にガンガンナンパしてもらう。

 

声かけに慣れていないため、かなりオドオドしていた。

 

今日はあと40人声かけたら、帰っていいよ」そう言って、夕方に解散した。

 

は・・・40人?まじかよ」という顔をしていた。

 

今までほぼ地蔵だったから仕方ない。

 

そしてしばらくしてから

 

40人声かけしました!

 

そのLINEが帰ってきたのは、深夜0時半だった。

 

16時に解散してたので、8時間以上ナンパしていたことになる。彼はやりきったのだ。

 

最初なかなか結果は出なかったが、講習生仲間の存在は大きかった。

 

僕の講習生は、コンプレックスが強い人が多いせいか、みんな異常にモチベーションが高い。毎日終電までナンパするのが当たり前。

 

普通の人からすれば圧倒的な努力量だが、みんなやってると、不思議とできてしまうものである。それに互いに励まし合い、勇気をもらい合うこともできる。

 

彼も毎日出撃していた。大学は理系のため忙しかったが、それでも睡眠時間を削って、ナンパに打ち込んだ。

 

さらにファッション講習もして、好反応がとれる髪型、服装を手に入れた。彼は「チビだから無理」と思っていたが、実際はファッションに原因があった。

 

そしてついに。

 

念願のストナン初ゲットを達成する。

圧倒的努力で月8ゲット

「あー、意外にいけるじゃん笑」

ついにナンパで初ゲット。彼は少しずつ、自信を持ち始めていた。

 

でも、まだ少し、ナヨナヨしていた。

 

そこで彼のナンパを動画で撮影することに。表情までわかるアングルで。

 

いかに自信なさそうに声かけてるか」を、その目に焼き付けてもらうためだ。

 

俺、こんなオドオドしてたんすか・・・。

 

姿勢や表情がオドオドしていると、外見以上に中身が小さく見えてしまう。そのことに気づいてもらいたい。背が小さくても、マインドが堂々としていれば、それだけで大きく見えるものだ。

 

現実を客観視した彼は、そこから全てが変わっていく。自信を持って、堂々と振る舞うようになった。

 

相変わらず、彼の生活は学校の勉強とナンパのダブルワーク。睡眠時間は3〜4時間。毎日ナンパ。出撃後には日報を出してもらう。僕も毎日フィードバック。

 

彼は努力量とフィードバックを貰う量では誰にも負けなかった。見た目も悪い、技術もない。そんな中で結果を出すには、「がむしゃらに努力する→フィードバックを貰う」のサイクルをとにかく回し続けるしかない。

 

身長は変えられない。悩んでも仕方ない。変えられる所を変えよう。

 

そう心に刻んだ人は強い。

 

そして、彼は講習2ヶ月目、月8ゲットを達成する。

 

その過程で自分よりも背が高い子をゲットする。その時の感想は「あ、意外にいけるんだな」だったとか。

 

随分あっさりだ。笑

 

でもこれはわかる。僕もそうだったが、コンプレックスを解消する瞬間というのは、何か大きな達成感があるわけではい。

 

あ、こんなもんか」と、いつのまにか無くなっていくものだ。

 

それより、もっとも感動していたのは「背が高い男がタイプ」と言っていた女をゲットできたこと。これは相当嬉しかったようだ。女の「好みのタイプ」より、彼の「ナンパスキル」が上回ったわけだから、それはすごい喜びだった。

 

月8ゲットすれば、さすがに周りの人も変化に気付く。そしてついに、モテる友人Aから「コンビやってくれ」と頼まれるようになる。

女に困らない大学生〜経験人数40人〜

「○○になる力」も習得

少しずつアポで勝てるようになっていく。

 

かわいい子、自分より背が高い子、Hカップの爆乳。今までの自分では考えられなかった女も次々にゲットしていく。

 

当然セフレも増える。最大10人のセフレと同時にやり取りするまでになる。

 

ムラムラしてきたら、誰かに連絡する。そうすれば、タダでSEXできる。

 

「女に困らない」「SEXには困らない」という感覚を手にいれる。

 

彼には、もう1つ成長があった。

 

「ヒモ」になる力だ。

 

ナンパはけっこう金がかかる遊びだ。学生で常時金欠だった彼は、女に奢ってもらうスキルをいつのまにか身につけていた。

 

僕はこれに関しては全く教えてないのだが、人間、必要に駆られるととんでもない所まで成長するものみたいだ。

 

 

そして、学校の友人の女性などから、

 

「Bくん、あそぼ」

「今度抱いて欲しい」

 

というストレートな頼みまでされるようになる。

 

ちなみに彼が1番嬉しかったのは

 

元気?

 

というメッセージだった。

 

元気?」とは連絡が途絶えた人に送る、やりとりを復活させる際に使う言葉だ。そういうメッセージをナンパの世界では「ザオラル」と呼ぶ。

 

ザオラルを送る側から、送られる側へ。

 

それはつまり、それだけ女性が彼に食いついているということであり、それだけ「モテる男」に近づいたということだ。

 

彼は、この時は本当に感動した。ナンパを頑張って良かったと、心から思ったそうだ。

 

そして2018年4月現在。経験人数は約38人に達する。「約」とつけたのは、経験人数を数えるのがアホらしくなったからだ。

 

僕もそうだったが、経験人数は20人を超えてくると、どうでもよくなる。

コンプレックスの払拭と新たな挑戦

「チビがゲットしたら面白くね?」

ナンパを始めて約1年。

 

チビのコンプレックスはいつのまにか消えていた。

 

むしろ「チビでブサイクが美女ゲット出来たらめっちゃ面白い」と思っている。

 

「ただ、イケメンに生まれてればと思うことは未だにあります笑」

 

それでも彼は努力を惜しまない。

 

現在はさらにレベルの高い子をゲットしようと、日々奮闘中である。




著者プロフィール
もてゾウ

1990年生まれ。早稲田大学卒。経営コンサル会社で3年働き、2017年4月に専業ナンパ講師として独立。

23歳まで恋愛経験ゼロの童貞。モテない自分を変えるため、ストリートナンパで彼女を作ることとを決意。大量の情報収集と70人のナンパを経て、念願の彼女ゲット&童貞卒業を果たす。

そこから狂ったようにナンパにハマり、何十人もの女性と関係を持つ。この4年間で声をかけた女性は2万人以上。デートした女性は300人以上。会社員時代の最高月間ゲット数は13人。常にキープが5人前後。恋愛にかけた自己投資額は200万円以上。

安定して結果が出せるようになった2016年からは、僕と同じように非モテに悩む方を1人でも減らすために、ナンパや恋愛の指導をさせて頂いている。

僕のナンパストーリーや、独立に至った経緯はコチラ


「男に生まれたからには、良い女をゲットする」
「モテない自分を変えて、自分を好きになる」
「ナンパを極めて、女の悩みから解放される」

そんな欲望と行動力に溢れるメンバーが集まる、メルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯恋愛初心者が、ナンパで美女をゲットするのに必要なマインドとノウハウ
◯モテないコンプレックスを爆発させ、妄想を実現させるための圧倒的行動力

この2つをみんなに手に入れてもらうことです。

まずは10日間のメール講座で、僕と一緒に飛躍的にレベルアップしましょう。
メール講座だけで5万字以上の超濃厚メルマガとなっております。「これを無料で出していいのか」という声も多数頂いてます。覚悟して受けてください。

あなたのご参加お待ちしてます。

magagine2.png

※今ご登録して頂くと、
・地蔵脱出マニュアル完全版
・僕の声掛け実録の書き起こしと詳細解説
をプレゼント中です。

ナンパ未経験者から、ある程度ナンパ経験のある方まで、幅広く満足できる内容に仕上がっております。笑

※メールはいつでも解除できますし、ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理します。外部への共有、貸出、売却等は絶対にないのでご安心ください!

こちらも合わせてどうぞ!

linepro.png