新宿HUBでコンビナンパ!お持ち帰りSEX!

専業ナンパ講師のもてゾウです。

今回は僕のナンパ講習生の体験談となります。

 

====================

はじめまして。

 

もてゾウ講習生のキュリオです。

 

自己紹介※講習入会時

基本情報

・スペック

30歳

会社員

 

・見た目

フツメン。

ブサイクではないと思いたい。

身長168センチ、中肉中背。

よく、youtuberのしばゆー、あばれるくんに似てると言われます(ブサイクかw)

 

・過去の恋愛経験

経験人数3人。

彼女以外の人とセックスの経験なし。

24歳まで童貞。

大学4年間彼女なし。

 

・ナンパ歴

一度だけ声掛けしたことあり。

ガンシカされましたw

 

もてぞう講習に入った経緯

プロ無職るってぃさんとコラボした動画を見て、単発セミナーに参加したのがきっかけ

 

今回の即までに教わったこと

・相手の悩みの引き出し方

 

・言い合える関係の築き方

 

・イケてる男のファッション

 

・地蔵するのなら酒を入れろ

 

・姿勢良くする、前のめりにならない

 

・相手に食いつきが出始めたら、少し引く

 

現在の実力

20ゲットくらい

 

モデル経験ありの22歳セフレあり

 

新宿HUBでコンビナンパ!お持ち帰りSEX!

2020年2月

 

その日は金曜日

 

モテぞうさんのコンサル生yさんとコンビで新宿のHUBへ行くために店前で待ち合わせ。

 

HUBでは、男がガッついてる奴ぎ多過ぎ。

 

もてゾウ
ガッツくの絶対ダメだし、ボディタッチも絶対するな!

 

というモテぞうさんのアドバイスを聞き、即ることよりも相手の悩みを引き出してあげる意識して、いざ入店!!

 

コロナ流行前の新宿のHUB行ったことある人はわかると思いますが、金曜日の夜は人!人!人!

 

店内が人でごった返してます。

さすがの華金。

 

あまりの人の多さに出ようと思っていた矢先、奥の方で空いているOL風の2人組発見!

 

俺「あの2人行く?」

 

y「片方、めっちゃ可愛い!とりあえず行こう」

 

片方がめっちゃ可愛かったため(おそらくダメかな)と思ったが、ダメ元で声掛けすることに。

 

女の子のデータ(会社の先輩、後輩)

●後輩(可愛い方)

夏帆似(以外夏帆と呼ぶ)

23歳

スタイル抜群の清楚系美女

身長165センチくらい

Cカップ(ピタッとしたセーター着てたのがエロい)

即系ではなさそう

 

●先輩(可愛くない方)

29歳

少しぽっちゃり

身長155センチくらい

 

俺とy「おつかれええええい~!」

 

テンション高めで声掛け。

 

女の子2人「お疲れ~!テンション高ッ!w」

 

反応良し。

 

モテぞうさんのアドバイス通り事前に酒入れといて良かった。

 

4人での会話で場の空気を温める

まずは、4人での会話を盛り上げることを意識。

 

コンビナンパの鉄則

・[ブスを褒めて気持ちよくしろ!]

・[主導権がどっちにあるか見極めろ!]

 

y「2人は同級生?ww」

 

夏帆「えー!ショックなんだけど!そんなに老けて見える?w」

 

俺「先輩に失礼だろw」

 

先輩「ほんとそれw」

 

俺「逆に先輩若く見えるよね、高校生みたいw」

先輩「それはないw」

 

俺「うん。だけど、普通にめっちゃ若く見えるw」

 

先輩「えー!?そうかなー?ww」

 

と言った感じで主導権のある先輩を褒めて、場の空気を温める

 

10分くらい4人で話してから、立ち位置の関係で夏帆と一対一で話す形に。

 

以下の情報を引き出した。

 

・好きな人がいるが相手にしてくれない
・HUBに来るのは初めてで、先輩に連れられてきた
・事務の仕事をしていたが、今は営業をしている

 

話しながら、ふと、胸の形が強調されるピタッとしたセーター着てることに気づいてしまった。

 

「エッッッッロ!!めっちゃおっぱい揉みたい!」

 

という衝動に駆られそうになりながら得意の褒めを駆使。

 

俺「おお!自ら希望して営業したんだあ!自分から辛い営業に行くなんてすごいじゃん!」

夏帆「うん、辛いこともたくさんあるけどね」

 

理性を保ちつつ、本当に頑張ったところはベタ褒めすることに。

 

いじりも織り交ぜ、後悔したことや、悩みを引き出していくうちに相手の口調が明らかに明るくなったのを感じた。

 

更に、こっちに近づいてきたり腕を組んでこようとする動作があったため、

 

(これはイケる!)

と判断。

 

その場では、こっちからガッツくようなことはしなかった。

 

ここで相手が近づいてきたからといってガッツいてボディタッチせず、むしろ少し引くくらいな姿勢でいたことが良かったと思う。

 

タイミングを見計らって、

 

y「ここめっちゃ人多いし、もう少し静かなところで飲まん?」

 

女の子2人「いいよ!行こっか!」

 

とノリノリで近くの居酒屋へ移動。

 

HUBを去り、近くの居酒屋へ移動

すぐ隣に居酒屋があったのでそこにいくことに。

 

居酒屋へ到着。

 

4人のテーブル席で俺とyが隣を空けて向かう合う形で座った。

 

しかし!!!!

 

そこで問題発生!!!

 

な、な、な、な、な、なんと夏帆は俺の隣ではなく、yの隣に座り始めたのだ!!!!!

(どうゆうことや!!!夏帆は俺担当やん!!あの喰いつきは嘘やったんかあ!!!)

 

わざわざ席を変えるのも不自然なので、そのまま乾杯し、最初は4人で会話するも、徐々に隣同士で個別に話す形で先輩と話すをすることに。

 

担当変わってもどちらかが即れればチームとしては良いと教わってたので、今は先輩の話にフォーカスを当てて悩みを引き出すことに。

 

先輩もノリが良かったので、意外と反応は悪くなかった。

先輩との会話はほとんど覚えてないがw

 

少し話し込んだところで、yと夏帆の方に目を向けるとなんと、夏帆がチラチラとこっちに視線を向けているではないか!!!!!

 

そして、夏帆がyに対するリアクションと俺に対するリアクションが明らかに違ったのだ!!

 

(うおおおおおお!神よおおおおお!!俺は間違ってなかったあああ!!)

 

高鳴る胸鼓動を抑え、場所を変える。

 

場所を変えた2件目の居酒屋で女性といい感じに

歩いてすぐ近くの2件目の居酒屋へ。

 

着くやいな、空気を察した先輩が俺と向かい合う形で座ることに。

 

(先輩いいいいいい!!!!さすがですうううう!!!)

 

2階の4人テーブル席だったが、4人で会話することはほとんどなく、終始夏帆との一対一の会話だった

 

俺「好きな人の前だと嫌われたくないし、本来の自分出してたら受け入れなかったらどうしようとか億劫になっちゃうよな」

 

夏帆「そう~!!!まさにそれ!!なんでわかるの?///」

俺「だって顔に書いてあるしwわかりやすッw」

 

夏帆「え~wwやだあ~ww」

 

リアクションも良く、相手からボディタッチが多くなってきたので、

 

(ここで決めてやるううううううううう!!!!)

 

と思い、

 

俺「会計してくるわ!」

 

とだけ言い、1人で1階のレジ前へ。

暫くすると、夏帆が1人で降りてきた。

 

(おっしゃああああああああああああああああああああ!!来たああああああああああ!!!!)

 

興奮を抑えつつ、

 

俺「先に行こっか」

 

夏帆「うん」

 

と2人でお店を出ることに。

 

出てすぐ、ハンドテストすると嫌なそぶりは一切見せず。

そのまま大通りに向かい、タクシーを止めてノーグダで自宅搬送。

 

自宅のコンビニに到着。

 

軽く酒を買い、家へ。

 

自宅でお持ち帰りSEX

部屋に入り、布団の上に座る。

 

そのまま喋る間もなく顔を近づけ、キス。

 

夏帆「んっ・・・・」

 

舌を入れると夏帆もすぐに入れてきたので、ディープキスへ。

 

セックスよりもキスの方が好きらしく、めっちゃ絡めて来たw

 

柔らかな唇を堪能しつつ、そのまま胸へ。

 

セーター越しでもわかる、きれいな形のおっぱい。

服の上からでもノーブラなんじゃないかと思う程だったw

 

HUBのときから、ずっと

 

(あのおっぱい鷲掴みしてええええええええええ!!!!!)

 

と思ってたので、ここぞとばかりに胸を両手で鷲掴みした。

 

その時点で俺の息子はフル勃起、ズボンから滲み出るほどガマン汁出まくってたw

 

そのまま服を脱がせ、ピンク色の乳首が露わになったおっぱいを緩急つけて舐め回した。

夏帆「んあッッ!んーーんッッ!!!んーーーんッ!

 

夏帆の反応が大きくなってくる。

 

そのまま、下半身へ。

 

黒色のパンツを脱がせると、毛の間にティッシュついてたwwwwww

 

(この変態女め!清楚な雰囲気出しながら毎日オナニーしてたんか!)

 

さすがにティッシュがついてることは本人に言わなかったけどww

そのまま、クンニしクリトリスも舐めた後俺は69が好きなので

 

俺「四つん這いになれ」

 

夏帆「やだあー、恥ずかしいっっ!」

 

と言いながら。

 

四つん這いになった。

 

夏帆を四つん這いの状態にしながら、69の体勢をとりアナルまで舐めまわした。

 

夏帆「あっあっあっあんん!!!!い、やあああた!いやあん!!あっあっあっあ、そこは汚いよおおおおおおおおお!!

問答無用で舐めました。

 

夏帆「ぁあああんんッッ!ぁあああッっん!!ぁああッッああんっ!!!んッ!!」

 

舐めるたびにいちいち反応してくれる姿が余計興奮する。

 

体勢を変え、今度はきれいな足を持ちM字開脚させ追い討ちのクンニをする。

 

そして、体勢を正常位にしたところで挿入。

 

夏帆「ンッ!!!」

 

最初キツそうな表情を見せたが、徐々に感じ始め

夏帆「ンッンッンッ!!!んァアアアアアああああん!!!ハァッッハァッッ!!!んーーーッッ!!!!!!!ぃいくううううううううううううううううううううううう!!

 

清楚な見た目とは裏腹にめっちゃエロい声で叫ぶのを堪能して爆発しそうなギンギンになった息子をブチかましました。

 

めっちゃくちゃエロく、かなり気持ち良かった。

 

即った女性とピロトーク

終わったあとピロトークで1軒目の居酒屋で隣の席に座らなかった理由を聞いたところ、なんとなく流れでそうなっただけとのことw

 

(なんだそりゃwこっちはめっちゃ必死やったのに!)

 

と思ったが、やはり自分たちがコンビ相手とうまく連携して誘導していかなきゃダメだと改めて感じた。

 

全体を通しての感想

今回はうまく即ることができたが、それが原因で破綻することもあったので、コンビとのLINEでのやりとりやうまい連携は必須だと感じた。

 

そして、なにより1番の勝因は相手から喰いつきがあってもガッツくことなく理性を保ち、少し引いて話す姿勢が即に繋がったと思う




著者プロフィール
もてゾウ

1990年生まれ。早稲田大学卒。経営コンサル会社で3年働き、2017年4月に専業ナンパ講師として独立。

23歳まで恋愛経験ゼロの童貞。モテない自分を変えるため、ストリートナンパで彼女を作ることとを決意。大量の情報収集と70人のナンパを経て、念願の彼女ゲット&童貞卒業を果たす。

そこから狂ったようにナンパにハマり、何十人もの女性と関係を持つ。この4年間で声をかけた女性は2万人以上。デートした女性は300人以上。会社員時代の最高月間ゲット数は13人。常にキープが5人前後。恋愛にかけた自己投資額は200万円以上。

安定して結果が出せるようになった2016年からは、僕と同じように非モテに悩む方を1人でも減らすために、ナンパや恋愛の指導をさせて頂いている。

僕のナンパストーリーや、独立に至った経緯はコチラ


「男に生まれたからには、良い女をゲットする」
「モテない自分を変えて、自分を好きになる」
「ナンパを極めて、女の悩みから解放される」

そんな欲望と行動力に溢れるメンバーが集まる、メルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯恋愛初心者が、ナンパで美女をゲットするのに必要なマインドとノウハウ
◯モテないコンプレックスを爆発させ、妄想を実現させるための圧倒的行動力

この2つをみんなに手に入れてもらうことです。

まずは10日間のメール講座で、僕と一緒に飛躍的にレベルアップしましょう。
メール講座だけで5万字以上の超濃厚メルマガとなっております。「これを無料で出していいのか」という声も多数頂いてます。覚悟して受けてください。

あなたのご参加お待ちしてます。

magagine2.png

※今ご登録して頂くと、
・地蔵脱出マニュアル完全版
・僕の声掛け実録の書き起こしと詳細解説
をプレゼント中です。

ナンパ未経験者から、ある程度ナンパ経験のある方まで、幅広く満足できる内容に仕上がっております。笑

※メールはいつでも解除できますし、ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理します。外部への共有、貸出、売却等は絶対にないのでご安心ください!