②ストリートナンパは楽じゃない〜長い長い地蔵期間〜

これは僕が23歳。ナンパを始めた当初の記録です。

【短期連載】23歳童貞が、ストリートナンパで彼女を作るまでの全記録

<前回のあらすじ>
22年間、恋愛経験ゼロの童貞だった僕は、とあるナンパブログに出会う。ストリートナンパの世界に魅了された僕は、ナンパで初彼女を作ることを決意した。

<前回の記事>
①「ストリートナンパ」との出会い〜22歳童貞、衝撃的世界を知る〜

 

ナンパして彼女を作る!!

そう意気込んだものの、立ちふさがる壁は多い。

まず、何と声を掛ければいいのかわからない。極度のシャイで、アドリブが苦手だった僕は、こういう時に何と言うべきか想像がつかないのだ。

他のナンパブログを読んだ。いろいろな会話がそこには書かれている。

どうやら声掛けには「直接法」と「間接法」があるらしい。
「直接法」とは「自分がナンパ目的であることを明かして声を掛ける」こと。

・めっちゃタイプだったんですけど
・ついナンパしちゃったんですけど

といった感じで声をかける。

「間接法」とは「相手にナンパしていることを悟られないように声を掛ける」こと。
中でも道聞きナンパが有名だ。
「間接法」は奥が深く、ユーモアを加えたり、相手を驚かせるような声かけなど様々である。


・この辺でこれくらいのペンギン見なかった?俺と同じ服着てるだけどさ。一緒に探そうよ。カフェにいるみたいだよ。

・読者モデルの橘歩美さんですよね?(そんな読者モデルは実在しない)俺、ファンなんです。握手してください!

・道迷っちゃったんですけど、行き方わかります?(と言って、日本地図を見せる)

・この辺で交番あります?僕自首しようと思ってて、懸賞金100万円なんですよ。え、いらない?セレブですね?

などなど。

よくこんなの思いつくなあ。

僕がナンパを始めるキッカケとなった「ナンパ大学生」の声掛けは
世界一綺麗な人がいると思って声かけたんですけど〜
と、大げさに褒めることで笑いを取る、というものだった。これは直接法に該当する。

間接法はレベルが高かったので、僕は直接法で声をかけることに決めた。

次に、ナンパする場所。

繁華街でナンパする人が多いようなので、家から近い池袋駅を選択した。

ここでまた問題に直面。

池袋の、どこで声を掛ければいいのか?

ナンパブログでは、みんな繁華街で声をかけていたが、いったいどこで声をかけていたんだ?こんな周りの目が光る場所でナンパできるか。もっと人が少ない場所に行こう。

行き着いた場所は、池袋ルミネ前。その辺りは広い割に人が少なかった。ここならナンパできるかもしれない。

さて。ナンパを始める時は誰でも、必ず調べる情報がある。

どういう子が引っかかりやすいか?

ネットで調べてみる限り、特徴は下記であることが判明。
・ゆっくり歩いている
・髪色がプリン
・小柄で顔が優しそう

暇で、周りの目を気にしなくて、
なんとなく優しそうな子

が引っかかりやすいということだ。

できるだけ、先の条件に合い、かつ自分の好みに合う女性を探す。

改めて道を歩く女性を見ると、思った以上に自分の好みの女性は多い。今まではすれ違っていただけ。決して出会うことがない、赤の他人。

僕はそこに、新しい関係をゼロから創ろうとしている。

改めて、自分はとんでもないチャレンジをしていることを実感した。興奮と冷や汗が止まらない。

10分くらい歩き回っていると、先の条件に当てはまる子を発見。ゆっくり歩いているし、背も低い。顔もなんとなく優しそうだ。後ろからついていく。

ここで1つ気付いた。

「知らない女の後をついていく」ってストーカーみたいだ。気持ち悪い。僕は何をしているんだろう?自分が自分じゃないような、不思議な気分だ・・・。

でも、もうやるしかない。やると決めたのだ。

自分に言い聞かせながら、目標の女を追走する。声をかけるタイミングを見計らう。

・女性が暇そうにしている時
・周りに人が少ない時
・自分の覚悟がついた時

今だ!

女性の隣に接近。僕は声を掛けようとした。

「」

「」

「」

「」

声が出ない。

女性の顔を見られない。こんなチャラいこと、僕にはできない。

目の前に女はいる。今しか声をかけるタイミングはない。そんなことはわかっている。でも、声が出ない。得体のしれない何かに、自分の喉を押し付けられている感じだ。

これが「地蔵」か・・・。

ナンパでは、声をかけられない状態を「地蔵」と呼ぶ。僕は完全な地蔵と化していた。

無視されたら怖い。チャラいと思われたくない。周りから変な目で見られたくない。

様々なマイナス感情が湧き出ては、僕の喉を押さえつける。結局その子には声を掛けられなかった。僕の存在に気づかないまま、彼女は改札の奥へ消えていった。

それ以降、僕はルミネの前で女の子を探し、後をつけては地蔵する、という行動を延々と繰り返していた。

気づけば2時間が過ぎていた。僕は2時間も地蔵していたのか・・・。諦めて帰宅することにした。

電車の帰り道、声を掛けなかった自分を責めた。どうしてあそこで声を掛けられなかったのか。声をかけるだけじゃないか。死ぬわけでもない・・・。

でも責めても仕方ない。また頑張ろう。

1週間後、池袋駅で再度ナンパに挑戦。しかし結果はまたもや地蔵。

気づけば3時間が経過していた。

また不甲斐ない気持ちでの帰宅。その後も何度も挑戦したが、1度も声を掛けることはできなかった。

いったいどれだけの時間を池袋駅で過ごしただろう。待って、歩いては地蔵する。完全な時間のムダ。

僕は焦っていた。焦るけれども、声は掛けられない。ナンパブログを読めば、みんな簡単そうに声を掛けているじゃないか。なんで自分だけできないんだ・・・自己嫌悪に陥ることもあった。

気づけば、3ヶ月の月日が流れていた。

ナンパという人生を変える扉は目の前にある。でも僕は1度も、その扉をノックすることすら、できなかったのである。

つづく

次の記事:③頼れるものはエロパワー〜初声掛け、初ガンシカ〜




著者プロフィール
もてゾウ

1990年生まれ。早稲田大学卒。経営コンサル会社で3年働き、2017年4月に専業ナンパ講師として独立。

23歳まで恋愛経験ゼロの童貞。モテない自分を変えるため、ストリートナンパで彼女を作ることとを決意。大量の情報収集と70人のナンパを経て、念願の彼女ゲット&童貞卒業を果たす。

そこから狂ったようにナンパにハマり、何十人もの女性と関係を持つ。この4年間で声をかけた女性は2万人以上。デートした女性は300人以上。会社員時代の最高月間ゲット数は13人。常にキープが5人前後。恋愛にかけた自己投資額は200万円以上。

安定して結果が出せるようになった2016年からは、僕と同じように非モテに悩む方を1人でも減らすために、ナンパや恋愛の指導をさせて頂いている。

僕のナンパストーリーや、独立に至った経緯はコチラ


「男に生まれたからには、良い女をゲットする」
「モテない自分を変えて、自分を好きになる」
「ナンパを極めて、女の悩みから解放される」

そんな欲望と行動力に溢れるメンバーが集まる、メルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯恋愛初心者が、ナンパで美女をゲットするのに必要なマインドとノウハウ
◯モテないコンプレックスを爆発させ、妄想を実現させるための圧倒的行動力

この2つをみんなに手に入れてもらうことです。

まずは10日間のメール講座で、僕と一緒に飛躍的にレベルアップしましょう。
メール講座だけで5万字以上の超濃厚メルマガとなっております。「これを無料で出していいのか」という声も多数頂いてます。覚悟して受けてください。

あなたのご参加お待ちしてます。

magagine2.png

※今ご登録して頂くと、
・地蔵脱出マニュアル完全版
・僕の声掛け実録の書き起こしと詳細解説
をプレゼント中です。

ナンパ未経験者から、ある程度ナンパ経験のある方まで、幅広く満足できる内容に仕上がっております。笑

※メールはいつでも解除できますし、ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理します。外部への共有、貸出、売却等は絶対にないのでご安心ください!

こちらも合わせてどうぞ!

linepro.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です