FC2ブログ

記事一覧

               

Twitter

ナンパ講習

               

ナンパ音声

③頼れるものはエロパワー〜初声掛け、初ガンシカ〜

これは僕が23歳。ナンパを始めた当初の記録です。

【短期連載】23歳童貞が、ストリートナンパで彼女を作るまでの全記録

<前回までのあらすじ>
22年間の非モテ人生を歩んだ僕は、
ナンパブログをきっかけに
ストリートナンパで初彼女を作ることを決意。
しかし、怖くて声をかけることができない
「地蔵」状態に陥り、
そのまま3ヶ月が過ぎてしまった。



<前回までの記事>
①「ストリートナンパ」との出会い〜22歳童貞、衝撃的世界を知る〜
②ストリートナンパは楽じゃない〜長い長い地蔵期間〜




諦めるのか?



普通の人はここで諦めるかもしれない。
でも僕は諦めなかった。
というより、諦められなかった。
他に出会う手段が無かったためだ。



学生であるが故、僕はお金が無い。
出会い系サイトに課金もできない。
クラブも入場料が払えない。
合コンも費用がかかるし、
出会える人数は2〜3人。



友人はほとんどが新社会人で忙しい。
友人の紹介は恥ずかしくてできない。
「ついに彼女作る気になったのか?笑」
とからかわれるのが嫌だった。



それにナンパでなければ、
僕を馬鹿にしてきた奴を
見返すことができない。

僕は必ずナンパを成功させる。
背水の陣の気持ちで挑むのだ。



しかし、3ヶ月地蔵の状態は
受け入れねばならない。



どうするか?



僕は性欲を味方にすることを考えた。
具体的にはオナ禁だ。
自慰行為を禁じたのである。
ムラムラの性欲パワーで、
地蔵を打破する作戦だ。



僕は最低でもオナ禁を3日以上継続しない限り、
ナンパはしないことにした。



童貞からオナニーを抜くと、
それは拷問である。
3大欲求の1つを満たせなくなる生活が始まった。
ムラムラとの戦い。普通に辛い・・・。
でもこれもナンパするため。



実際、効果は大きかった。
でも声を掛けるには至らなかった。



僕は更なる作戦に出た。
ナンパする直前、
スマホでエロ動画を見ることにしたのだ。



壁に背中をつけ、
周りに見られないようにしながら、
エロ動画を見る。
周りに聞こえない範囲で音量を調整。
これで性欲アップ。



僕も絶対、
こんな激しいセックスをしてやるのだ!!
うおおおおおおおおお!!!



無論、ちんこはビンビンである。



渋谷ハチ公前。
小柄で優しそうな子が待ち合わせをしている。
めちゃくちゃ可愛い。僕好みのロリである。



ロリのAV女優が出演するエロ動画を1分間鑑賞。
性欲がみなぎってくる。
衝動が抑えきれなくなってきた。



我ながら、なんという変態っぷり。
ナンパと出会っていなければ、
いつか僕は性犯罪者になっていただろう。



僕はスマホのメモアプリに保存していた
「やる気の出る格言集」を開いた。



・このままでは一生女に不便な生活を
 味わうことになる

・将来キャバクラ通いや、
 痴漢常習犯になってもいいのか

・口だけの、成果が出せない男から
 脱却しろ

・明日死ぬかもしれない、
 後悔の無い選択をしろ

・自分を壊せ、その快感を知れ

・モテる男は失敗を恐れず話しかける。
 だからモテる

・今までの人生が童貞なら、
 これからの人生も童貞だ




自分に言い聞かせた。何度も何度も。



勇気を出して声をかけろ。
もう、僕にはそれしかないんだ・・・。



足を踏み出す。



心臓が鳴っているのが聞こえる。



女の前に立った。



目が合う。



もう後戻りはできない。



言うしかない。



いけ!!!



すみません。
はい



言えた・・・!!
今、僕は知らない女性に声をかけている。
自ら出会いを創り出している。
僕の言葉は震えていた。



世界一綺麗な人いると思って、
声かけちゃったんですけど




言ってしまった。



ついに。恋愛経験ゼロの、童貞の僕が。
こんなチャラいことを。
まともに女性の外見を褒めたことがない僕が。
信じられないことをしている。



まるで自分が自分じゃないみたいだ。
自分の身体に、別の人格が入り込んだ気分。
世の中のナンパ師は、
こんなチャラいことを平気でやっているのか。



会話は続く。



いやいやいやいや



女は目を丸くし、驚いた素振り。かわいい。



えっと、大学生ですか?
いえ、高校生です。
あ、そうなんですか。何歳ですか?
17歳。




17歳かよ!
とツッコむ余裕もない。
もうこれ以上、喋れない・・・。



あ、そうですか。じゃ、また。
はい




これ以上、
会話を続ける気力と勇気の無かった僕は、
その場を立ち去った。



でも、僕はこれ以上ない高揚感を感じていた。
よくやった自分・・・・!!



自分で自分を褒めた。
僕はついに声を掛けたのだ。
世の中の、ほとんどの男がビビってできない
「ナンパ」をやってみせたのだ。



1つ気付いたことは、
声掛けなんて、大したことない
ということだ。



そりゃそうだ。
ただ声を掛けてるだけなんだから。
どうせ誰も見てないし、
見たとしても5秒後には忘れている。
そんなもんだ。



嬉しさでいっぱいになった。
あまりの満足感で、
僕はその日そのまま帰宅した。
なんだか一皮むけた気分だ。
凄く自信がついた。



翌週。またナンパを開始した。
今回は池袋。
場所はパルコの小売店コーナー。
今回は店内ナンパに挑戦しようとした。



僕はすでに1度声を掛けた男。
もう地蔵しないぜ!



・・・・



・・・・



・・・・



また地蔵。
なぜだ。前回、声を掛けられたのに。
また元に戻ってしまった。
ナンパブログを読むと、
そういうものらしい。
世の中甘くないんだな・・・。



しかし、1度は声を掛けている。
地蔵を打破するのに、
そこまで時間はかからなかった。
勇気を出して声をかけた。



買い物ですか?

・・・

それ、かわいいですよね

・・・

・・・

・・・





女はかたくなに無視した。
僕を見向きもしない。
むしろ、僕の存在に気づいてるのか?
と思うほど、気持ちのいい無視っぷりだ。



そう、これが噂に聞く、ガンシカである。



ショックだった。
辛すぎる。
心の中に大きな穴を開けられた気分。



全く知らない人に、存在を無視される。
人生で初めてだ。



今までも女性に冷たくされることはあった。
でもそれは、
自分に何かしらの理由があるからだ。



でも、今回は初対面。
初めて会った女性に、
何の理由も無く無視される。
まるで自分が大犯罪でも起こしたかのよう。



僕はクズ人間なのか?
赤の他人に対して、
人はこんなにも冷たくできるのか。
僕はそんなに悪いことをしたのだろうか。



正直、死にたくなった。



ナンパは無視が多いことは知っていた。
覚悟はしていたのだ。
でも、あまりのショックに声が出ない。
覚悟はしていても、
実際に無視されると本当に辛い。
僕はその場を立ち去った。
「すみません」の一言も言えずに。



地蔵を抜けられたのも束の間。
立ちはだかるは「ガンシカ」という、
高い、高い、高い壁。
ナンパで彼女を作るなんて、
僕にできるのだろうか。



目の前が真っ暗になりながら、
僕はそのまま帰宅の途についた。
あまりのショックで、
帰りの電車に乗っていた時のことは、
何も覚えていなかった。



つづく



次の記事:④金を払ってでもモテたいか!?〜恋愛商材への葛藤〜



関連記事



ご案内。

自己紹介&まず読んでほしい記事          
         

僕がナンパを始めた経緯です。全てはここから始まった。
23歳童貞がストリートナンパで彼女を作るまでの全記録
         
         

ナンパ情報を無料で配信。ナンパ切り返し機能つき。
もてゾウのLINE@
         
         

【ナンパに興味のある方】
ぼくのナンパ音声と書き起こし、ノウハウを公開中。
非モテから始めるストリートナンパ講座



【ナンパに挑戦したい方】
①日本一有名なナンパの教科書。全額返金保証つき。
購入後、初めて彼女できました。超オススメ。僕から10個の購入特典つき。
The Auto Victorious


②ナンパを直接教えます。苦労した分、教えるの得意です。
会話音声やLINEを送って頂ければ添削も。非モテ歓迎。
もてゾウのマンツーマンナンパ講習





今日も元気にツイートなう。

プロフィール

もてゾウ

Author:もてゾウ
26歳。モテない人生を変えるため、3年前にストリートナンパに挑戦。1ヶ月で初彼女ゲット&童貞卒業に成功。以降ナンパに猛烈にハマる。女に不自由しない人生を夢見て日々修行中。

今日も元気にツイートなう。

最新記事